居宅介護支援 居宅介護支援 INHOUSE NURSING CARE

01

サービス内容 SERVICE CONTENT

住み慣れた地域での自立した日常生活を、営むためのケアプランを立案いたします。 住み慣れた地域での自立した日常生活を、営むためのケアプランを立案いたします。

お客様のご要望をお伺いしながら、心身の状態や家庭の状況に応じて
適切なサービスが利用できるように支援する事業所です。
ケアマネージャーが、お客様とサービス事業者のパイプ役となり、
連絡・調整や介護に関するさまざまなご相談に応じます。

ご利用の流れ

市町村へ介護保険の申請

STEP1

介護保険のご利用には、まずは市町村へ申請。ケアパートナーでは申請代行もいたします。ご質問やご不安な点についても、わかりやすく説明させていただきます。

ケアプランの作成

STEP2

介護認定が決まりましたら、ケアプランを作成いたします。お客様やご家族様のご要望を取り入れ、ご自宅での日常生活を重視したプラン作成をします。

介護サービスの利用

STEP3

ご確認いただいたケアプランに基づき、サービス事業者と利用にあたっての調整をいたします。急なご要望にも即座に対応いたします。

ケアプランの見直し

STEP4

月に一度、ご自宅に訪問し、問題はないか・手直ししたほうが良いか、ご本人・ご家族様とともに見直しをいたします。見なおしたプランに基づき、行政・サービス事業所と調整を図ります。

再調整

STEP2

02

費用 FEES

ケアプラン作成にかかる費用は、介護保険制度から全額給付されるため、
お客様の費用負担はありません。

03

よくある質問 FAQ

Qケアマネージャーは何をする人ですか?
A

介護を必要とされる方が、適切なサービスを受けられるよう支援します。利用計画(ケアプラン)を作成したり、お客様とご家族様のご希望をうかがいながら、介護事業者(サービス提供者)への連絡や市長村の手続きなどを行います。

Qケアマネージャーには資格があるんですか?
A

保健・医療・福祉の分野で5年以上の実務経験を持っている人で、筆記試験、実務研修を終了した有資格者をいいます。

Qどんな人が利用できるのですか?
A

要介護認定1~5までの方が、居宅介護支援(ケアマネジメント)をご利用いただけます。また、要支援認定を受けた方でも、地域包括支援センターからの委託を受けて、ご利用いただくことは可能です。まずはご相談ください。

Q費用はどうなりますか?
A

原則的に、お客様のご負担はございません。
法定代理受領により、当事業所の居宅介護支援に対して介護給付が支払われます。

Q提供されるサービス内容は誰がきめるのですか?
A

介護サービスの選択はお客様ご本人の権利です。ご本人の意思で決めることができます。
ケアプランはケアマネージャーに依頼することも、ご本人が作成することも可能です。

04

スタッフ紹介 OUR STAFF

ケアパートナー川口
居宅介護支援課 長谷川

最近、色々な所で“地域”という言葉を目にするようになりました。団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、国は高齢者が住み慣れた地域で医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を目指しています。この仕組みの成功には地域のつながり、介護・医療、多職種の連携が必要です。連携のひとつとして川口センターでは、病院、新聞販売店と一緒に認知症サポーター養成講座や介護予防教室、事業所との勉強・交流会を行っています。

新聞販売店は朝夕、配達で地域を走ります。その中で心配な場面に出くわした時、すぐにケアパートナーや病院へ連絡するなどの素早い連携ができる地域を作りたいとの想いで始まりました。最近は飲食店も参加し、業種を超えた輪が広がっています。各業種の強みを生かし、“地域に何ができるか”を考え、固い話ばかりではなくお役立ち情報の発信もしながら、地域づくりに参加していきたいと思っています。